柴村恵美子さんのお話

一番弟子だけが知っている斎藤一人さんの現在【柴村恵美子】

斎藤一人さんの教えを一番弟子が語る:未熟さを保つことの大切さ

斎藤一人さんの一番弟子である柴村恵美子さんが、斎藤一人さんに会って聞いた貴重な話を皆さんにシェアしてくれました。

斎藤一人さんの教えを通じて、私たちも多くのことを学ぶことができます。

今回はその中でも特に重要な「未熟さを保つことの大切さ」と「人との関係を大切にすること」についてお話しますね。

未熟さを保つことの大切さ

未熟であることを忘れない

恵美子さんが斎藤一人さんに最近会った時、ひとりさんはとても元気で、未熟さについて話してくれたそうです。

年齢を重ねると、自分はもう完成されたと思ってしまいがちですが、斎藤一人さんは「未熟であることを忘れないで」と教えてくれました。

未熟さを自覚することで、新しいことに挑戦でき、失敗しても立ち上がることができるのです。

この話を聞いて、恵美子さんも自分の未熟さを受け入れ、もっと挑戦しようと改めて思ったそうです。

傲慢にならずに済む

ひとりさんは、未熟さを保つことで傲慢にならずに済むともおっしゃっていたんだとか。

最近の職場でのトラブルなど、いろんな問題が起こるのも、自分が未熟だと認識していれば、人に対して傲慢な態度を取らず、相手を思いやる気持ちを持てるからだと教えてくれました。

お互いに哀れみ合えるというか、そういう気持ちを持つことが大切だと感じました。

日常のエピソードから学ぶ

そんな斎藤一人さんとの日常のエピソードも紹介しますね。

恵美子さんは斎藤一人さんと一緒にドライブに行くことがよくありますが、よく千葉や茨城のお店に立ち寄るそうです。

ひとりさんは、リーズナブルで美味しいお店を見つけるのが得意で、例えばマグロ丼を注文する時には「マグロを薄く切ってください」とお願いするんだとか。

最初は不思議に思っても、食べてみるとその美味しさに驚かされるそうです。

こういう小さなこだわりが、斎藤一人さんらしいですよね。

人との関係を大切にすること

細やかな気配り

斎藤一人さんはどんなお店に行っても、そのお店に対する気遣いが素晴らしいんです。

混んでいる時を避けて訪れたり、事前に予約してスムーズに食事を済ませたりと、細やかな配慮を欠かさないのです。

恵美子さんも、このような気配りを見習いたいと思ったそうです。

風の浄化と波の浄化

また、斎藤一人さんが教えてくれた「風の浄化」や「波の浄化」という方法も興味深いです。

これは、自然の中で風や波の力を感じながら、自分の中の滞ったエネルギーを浄化するというもの。

これを実践すると、心も体も軽くなり、すごくリフレッシュできるそうです。

恵美子さんも千葉の海でこの浄化法を試してみたところ、非常に効果的だったと話しています。

誰と一緒にいるかが大事

食事をする時も、旅をする時も、斎藤一人さんは「何を食べるか」や「どこに行くか」よりも「誰と一緒にいるか」を大切にしています。

どんなに美味しい料理も、どんなに素敵な場所も、一緒にいる人が良いと、もっと特別なものになるのです。

斎藤一人さんから学んだこと

最後に、斎藤一人さんの話を聞いて、恵美子さん自身が感じたことを皆さんにお伝えしたいと思います。

ひとりさんはいつも周りの人を笑顔にしてくれます。

くだらない話を交えながらも、その中には深い教えが詰まっているのです。

真面目な話ばかりだと息が詰まってしまうから、時には笑いが必要なんだと教えてくれました。

このバランスが、斎藤一人さんの魅力なんだと思います。

今回のエピソードを通して、皆さんにも未熟さを大切にすること、そして周りの人との関係を大切にすることの重要性を感じていただけたら嬉しいです。

恵美子さんも、ひとりさんの「未熟でいいんだよ」という教えを胸に、これからも挑戦し続けたいと意気込んでいます。

以上、斎藤一人さんから学んだ大切な教えをお届けしました。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました。

斎藤一人さんや柴村恵美子さんの教えは、私たちの日常生活にも深く根ざしていて、学ぶべきことがたくさんありますよね。

今回のエピソードを通じて、少しでも皆さんの心に響くものがあれば幸いです。

-柴村恵美子さんのお話
-, , , , , , , , ,