斎藤一人さんの教え

『だんだん良くなる、未来は明るい』の楽しい波動【斎藤一人】

斎藤一人さんの教え:だんだん良くなる未来は明るい

こんにちは、ツイてる坊主です。本日は、斎藤一人さんの素晴らしい魅力的な教えをご紹介したいと思います。

ひとりさんの教えの中に、「だんだん良くなる、未来は明るい」というシンプルな言葉があります。

皆さんは、このフレーズを聞いたことがありますか?

初めて聞く方もいるかもしれませんが、実はこの言葉には深い意味が込められているんです。

斎藤一人さんは、日本の実業家であり、自己啓発(スピリチュアル「魂」)の分野でも広く知られていますよね。

ひとりさんいわく、未来が必ず良くなると「信じること」が今の時代を幸せに生きる上で、とても大事なポイントなんだそうです。

これを聞くと、「そんなのただのポジティブシンキングでしょ?」と思うかもしれません。

しかし、一人さんの教えはただのポジティブ思考にとどまらず、日常生活に実際に取り入れることで具体的な効果をもたらす方法を提案しているんです。

ポジティブな言霊の力

まず、斎藤一人さんが強調しているのは「言霊(ことだま)」の力です。

言霊とは、言葉に宿るエネルギーや波動のことを指します。

日本語には特にこの力が強く、1つ1つの言葉が持つ意味やエネルギーが、私たちの心や現実に大きな影響を与えるとされています。

例えば、「大変」という言葉。

普通に使うと困難や苦しみを連想させますが、この漢字を分解すると「大きく変わる」とも読めますよね。

つまり、困難な状況は、大きな変化のチャンスでもあるのです。

こうした日本語の奥深さを理解することで、普段使う言葉を見直し、ポジティブな波動を広げることができます。

ちなみに、ひとりさんが推奨するのは「天国言葉」を使うことです。

具体的には、「愛してます」「ツイてる」「嬉しい」「楽しい」「感謝してます」「幸せ」「ありがとう」「許します」といった言葉たちです。

これらの言葉を日常生活で多く使うことで、心にポジティブなエネルギーが生まれ、現実にも良い影響が現れると言われています。

地獄言葉を避ける

逆に、「地獄言葉」と呼ばれるネガティブな言葉は避けるべきです。

「恐れている」「ツイてない」「不平不満」「愚痴」「泣き言」「悪口」「文句」「心配事」「許せない」などがこれに当たります。

これらの言葉は、聞くだけで嫌な気持ちになり、心にネガティブな波動をもたらします。

斎藤一人さん自身は、普段の生活の中で地獄言葉をほとんど使いません。

何かあっても笑いに変えてしまうし、特に意識しなくても愚痴や文句が出てくることはないそうです。

ひとりさんの生活には、いつも楽しい天国言葉が溢れていて、その波動が周りの人々にも良い影響を与えています。

もし、地獄言葉を口にする癖がついてしまっている方は、その時間帯を1分1秒でも減らすところから始めてみてください。

天国言葉の実践方法

斎藤一人さんは、天国言葉を実践するための具体的な方法として「100回×10日間のチャレンジ」を提案しています。

このチャレンジでは、1日100回、天国言葉を10日間続けて唱えることを目標にします。

声に出して唱えるのが理想ですが、難しい時は心の中で唱えても効果があります。

このチャレンジを続けていると、心にポジティブな変化が生まれ、現実にも良い影響が現れるようになるのでおススメです。

例えば、うつ病を克服した人、会社の業績が回復した人、家族関係が改善した人、将来のキャリアに悩んでいた人、健康が回復した人など、たくさんの人がこのチャレンジを通じて奇跡のような変化を体験しています。

ちなみに、唱える天国言葉は、先ほどご紹介したメインの8つでもいいですし、「ふわふわ」「大丈夫」「なんとかなる」など、自分の心が軽くなるような言霊であれば、どれを選んでも構いません。

唱え方に関しては、複数の言霊を順番に唱えるやり方と、一つの単語を繰り返し唱える単語法というやり方があります。これも、どちらを選んでもOKです。

未来を明るくするために

斎藤一人さんの教えを実践するためには、日常生活にいくつかの習慣を取り入れることが大切です。

以下、5つの習慣を紹介しますね。

  1. ポジティブな言葉を使う:日常生活で使う言葉を意識してポジティブなものにしましょう。「できる」「楽しい」「嬉しい」といった言葉を多く使うことで、良い波動が生まれます。
  2. 笑顔を忘れない:笑顔はポジティブなエネルギーを生み出します。毎日笑顔でいることを心がけることで、自分だけでなく周りの人たちにも良い波動が伝わります。
  3. 感謝の気持ちを持つ:感謝の気持ちを持つことで、心が豊かになり、良い波動が生まれます。日常的に「ありがとう」や「感謝してます」といった言葉を口にしましょう。
  4. 前向きな目標を持つ:未来に対して前向きな目標を持つことで、希望や喜びが生まれます。目標に向かって努力することで、ポジティブなエネルギーが湧いてきます。
  5. リラックスする時間を作る:忙しい日常の中でもリラックスする時間を持つことが大切です。心と体をリフレッシュすることで、良い波動を保つことができます。

実践した感想

私自身、今回の斎藤一人さんの教えを学んでから、日々の視点を高い状態に保てるようになりました。

言霊の力を信じることで心が明るくなり、未来が良くなるという考え方は、非常に前向きで希望に満ちていますよね。

私たちは日常生活の中で、無意識にネガティブな言葉を使ってしまうこともありますが、意識してポジティブな言葉を使うことで、自分自身の気持ちが変わり、周りの環境も変わってきます。

実際に私も毎日、天国言葉の口癖を大切にしてきました。

私の場合、一日の中で最も多く口にするのは「ありがとう」です。

「ありがとう、いつもありがとうね、本当にありがとう」という言葉をずーっと自分自身に対して声がけしているんです。

口に出せない状況の時は、心の中で唱えているだけでも気持ちが穏やかになり、日常の小さな喜びを見つけやすくなります。

また、周りの人たちにも、良い影響を与えることができていると感じています。

斎藤一人さんの教えは、誰でも簡単に実践できるものなので、その効果をすぐに感じられるのが魅力です。

これからも、ひとりさんの教えを日常生活に取り入れて、より明るい未来を作り上げていきたいと思います。

皆さんもぜひ、斎藤一人さんの「だんだん良くなる、未来は明るい」という教えを試してみてくださいね。

そして、素晴らしい未来を一緒に作り上げていきましょう!

まとめ

斎藤一人さんの「だんだん良くなる未来は明るい」という教えは、多くの人に勇気と希望を与え、明るい未来を信じる力をもたらしてくれます。

ポジティブな言葉の力を信じて、日常生活に取り入れることで、奇跡のような変化を体験することができます。

未来は必ず良くなると信じて、前向きなエネルギーを大切にしながら、最高の未来を創っていきましょう。

参考:「だんだん良くなる、未来は明るい」の真意とは【斎藤一人】

-斎藤一人さんの教え
-, , , , , ,