宮本真由美さんのお話

魂が汚れている性格の悪い人には顔に一つの特徴がある【宮本真由美】

こんばんは、ツイてる坊主です^^
本日は、斎藤一人さんのお弟子さん、宮本真由美さんの「魂が汚れている性格の悪い人」についてのお話をお届けしたいと思います。

この話は、「あなた、魂が汚れてる!性格悪い顔してるね」っていうことを言うためのものではありませんよ(笑)。本当に一番なのは、自分がそういう顔にならないこと。

人に会った時に「あ、そっか」って分かれば、自分が嫌な目に合わなくなりますから。

一番なのは本当に最初に言ったように「自分がそういう顔にならない」っていうことが大切です。

だけど、このことを知っておくと自分がならないし、あとはそういう方に出会った時に対処が速くなりますね。そうなんですよ。

ということで、まず、魂が汚れてる人、性格悪い人の顔の特徴。

もうこれは、一点なんですよ。『小ばかにした薄ら笑い』をする人です。

これはもう、最高にこれは神様の嫌うお顔です。そうなんです。小ばかにした薄ら笑いをする。

これがもう魂が汚れている性格悪い人の顔の特徴です。これってなぜかというとね、自分が出来ること、自分が出来ることは出来ない人に教えてあげればいいですよね。

それを、小ばかにしたり小ばかにして薄ら笑いで「えー、そんなことも知らない。ふーん」みたいな「えー」みたいなそんな顔する必要ないですよね。

そう、自分が出来ることは出来ない人に教えてあげるっていうこと。だって自分が出来ることというのは才能なんですよ。才能。

才能っていうことは、神様からのプレゼントです。持って生まれた才能っていうのは神様から頂いたプレゼント。

それを、そのプレゼントを使って人をバカにする、あとは人を笑いものにするとか、あと人を卑下するとか、そういうことをするっていうことはプレゼントを使ってそういうことをするということは最高に魂が汚れまくってしまう。

曇っちゃう、汚れちゃう。間違いなく汚れてます。汚れてしまう。でも、このこと自体はですね、そうなんですよ。

そういう人にもし会った時には、会った時とかそういう間違いなく汚れてるとかいうことは、その人を見た時にそれはこの人の今世の学びです。

だから、汚れるようなことをわざわざ「ふーん、そんなことも分かんないの」みたいな「ふふふん」みたいな小ばかにした薄ら笑いをしていたら良いとか悪いっていうことよりも本当にこの人の今世の学びです。

そういうことをするとどういうことが起きるのか?っていうこと。

だから、そういうことをしている人に出会ったら「あ、学んでいるな」「良い学びしてるな」「この人すごい良い学びしてるな」と思って「ふーん」と思ってスルーすればいいです。

それをいちいち、なんか自分が傷つくとかそういうこととか、傷ついたりとかずっと後までそれのことでトゲを自分の中に残すとかっていうことはしなくていいです。

その人自身、自分の魂を汚していることによって色んなことをこれから学んでいってる。

大体、人から嫌われてしまうとか色んなこととか、そういうことを学んでいるからそれはそういう風に見てスルーするっていうことですね。

だから、そういうことをしてる人を見た時に、これから会うと、今までだと、もしかするとそういう風に自分が小ばかにされたり薄ら笑いで嫌な気持ちになったりとかっていうことがあったことも、

もう「そっか、魂汚れてんだな。学んでるな」とかって思うと気持ち楽になるじゃないですか。

そうすると、スルー出来るとどうなるかっていうと、本当はそこに目がいってると他の良いものに目がいかないんだけど、スルー出来るようになると、世の中にはもっともっと自分の知ってることを惜しみなく愛を持って教えてくれる人とかっているんですよ沢山。

だけど、こっちの小ばかにするような人とかに目がいってると、そういう人に自分の目がいかなくなっちゃうから勿体ない。

もうこれ、私のお師匠さんのひとりさんのお母さんの名言で、お母さんが本当にひとりさんも素晴らしいしお母さんも本当に素晴らしいですけど

そのお母さんの名言で、「大学に行って、大学に行ってない人を馬鹿にするんだとしたら行かない方がマシだよ」「威張るために大学行ったんじゃないんだから」っていうもう名言があって、もう本当にかっこいいなと本当に尊敬してます。

自分が何か出来ることがあるとか才能があるって人に威張るためじゃなくて、その才能を使って自分が周りの役に立てることがあるということじゃないですか。

それを馬鹿にしたり、小ばかにした薄ら笑いをするようなことをしては絶対にいけないっていうことですね。

そのお母さんも本当にかっこいいしそのお母さんの言葉を聞いているひとりさんも。ひとりさんは、もう更に本当に超かっこいいです。

もうずっと私とか本当にOLで商売もしたことない私とかに色々教えてくれた時に、もうずっとひとりさんが言っているのは「分からないことがあったら何でも聞きな」って

で、「もし聞いても出来ないなら俺がやって見せてあげるよ」っていうんですね。

で、私、本当に今までずっと、ずっとずっと「めちゃくちゃアホだな」って思うような質問とか「ちょっと大丈夫?」っていう質問とかも本当に色んな事をひとりさんに聞いて教わって来ました。

だけど、もうひとりさんって一回も私の事を馬鹿にしたことがないし、私が分かるように本当に優しく教えてくれたんですね。

だから、私はもし私がとんでもないアホな質問をしても答えてくれるひとりさんという人にずっと育ててもらったみたいな生き方をしているので

もし私のことを何か聞いた時に小ばかにした薄ら笑いをするような人がいたら、もう黙っちゃいないですよ。

そんな人に馬鹿にされる筋合いはないです。だって知らないことは教えてくれればいいじゃないですかと生きています。

だけど、本当にひとりさんは「何でも聞きな」って教えてくれるし、あと「出来ない事は見せてあげるよ」って言って、本当にその通りに1から100まで、いや、もう1から1万、1から10万くらいまで、もっとかな、本当にしてくれているんです。

もう愛、愛しかないの。もう泣けちゃう。本当にそういう世の中には愛、魂が愛で溢れている人がいっぱいいるんですよ。

だから、それを何か自分がちょっと色んなことで知っているからとかって言って馬鹿にする人がいたら、それはその人がそういうことすると、どういう事になるかを学んでいるだけってことです。

あなたがね、愛のある人が付き合う人ではないっていうことが分かれば楽になります。

あと、今日はそういう小ばかにした薄ら笑いだったんだけど、でも本当は魂が汚れてる。本当は元々はその人も輝いてる素晴らしい魂なんですよ?

だけど、何かで色々汚れてる。その魂の汚れている人というのは本当は顔見ないでも分かります。

言ってることとか、やっていることとかを見たら本当はもうすぐ分かる。でね、私達って本当に、本当に美しいものを見抜く修行をしにここに来ているわけだから。

だって、わざわざ汚いものを見に来たりとか、意地悪なものを見に来たりとかしにここに来てるわけじゃないじゃないっていうことは、色んな今日の魂汚れているとかっていうことなんだけど、その色んな本当のそこを見るわけではなくて本当の美しいものを見抜くためにここに来てる。

で、その修行っていうことですね。だから、あなたの目は美しいものを見るためにある。

そして、沢山の美しい魂の人とご縁していくこと。これを本当に大切にして下さい。でも、汚れているひとが性格が悪くていけない人だっていうことではないんですよ。

どの人も、本当は中には綺麗な輝く魂があるからね。だけど、今その人は魂汚れて性格悪い顔をしてて何かを学んでいるだけ。

だけど、あなたに今必要がない人だとしたら、その人をパッと自分が見抜いてそっと離れるとかっていうことをして、自分の中で自分は本当に美しい魂の人。

あとは自分がもっともっと美しい魂になるための一緒に共にいける人と過ごして下さい。今日も美しい魂の皆様とご一緒できて幸せです。

-宮本真由美さんのお話
-, , , , , , , , ,