斎藤一人さんの新刊本

斎藤一人さんの新刊「お金に好かれる働き方」を購入♪

こんばんは、ツイてる坊主です^^いつもひとりさんの情報を受け取っていただき、ありがとうございます。

今日は、ひとりさんの新刊についてのお話になります。先日、斎藤一人さんの「お金に好かれる働き方」という本を購入しました。ちょっと購入が遅れてしまったのですが、ようやくキンドルで買うことができまして、本当に皆さまのおかげです。感謝いたします。

この文章を読まれている方は、インスタのストーリーズから訪問してくださった方が多いのではないかと思います。日頃の感謝の気持ちを込めて、可能な限り、ひとりさんの教えをシェアさせていただきます。

今回の本は、テーマが「お金」ということで、私自身とてもワクワクしております。おそらく多くの方が、この本の内容に興味を持たれているのではないでしょうか。

もちろん、著作権上そのまま公開するわけにはいきませんが、「ひとりさんが何を伝えようとしているのか」を読み取りながら、自分なりの言葉で皆さまにお伝えしていきますね。

まず、一つ注意しておかなければならない点として、ひとりさんは「自分の意見が正しいから信じてください」と言っているわけではありません。これはどの教えに関しても同じですが、あくまでひとりさんは、斎藤一人という人間が現世を生きてきた中で、今知っていること(知恵)をお伝えしています。

なので、『ひとりさんを信じて言われた通りやったけどダメだった』という結論は、成功者とは真逆の在り方であることを忘れないでくださいね。今、貧しさを感じているならば、自分の人生は100%自分が創造しているということに「気づく」ことから始まります。そこがスタート地点です。

その上で大事なポイントが2つあります。それは、「魂の成長」と「心の豊かさ」です。今お伝えしたような成功者の視点にレベルアップしていくことが魂の成長。日々、自分を愛しながら内面を磨いていくことが心の豊かさになります。

おそらく、この時点ですでに、「え?具体的にお金を稼ぐ方法を教えてくれるんじゃないの?」「またきれいごとばかり言って何なの?」と、がっかりされた方もいるでしょう。その気持ちはよくわかります。

私も以前は、成功者の教材やセミナーなどの情報を集める度に、集客・教育・販売などのビジネス戦略を詳しく知りたい!と思って、一生懸命がんばっていた時期もありました。

しかし、幸せなお金持ちが実際に土台にしているのは、情報でもスキルでもマーケティングでもありません。そういった側面は、大事な要素のように見えますが、最初からそこを追いかけてもお金に好かれることはできないのです。

なぜなら、本物の成功者は、「お金(物質)=苦労の対価」ではなく、「お金(エネルギー)=豊かさの循環」という捉え方をしているからです。

この記事では、ざっくりと入り口部分しかお伝えすることはできませんが、なんとなくでいいので、『斎藤一人さんの人生感覚』というものをイメージして頂けたらと思います。きっと、それだけでも軌道修正することができるはずです。

一般的にお金とは、仕事をして働いた分の対価として、外から入ってくるものであるという認識を持ちますよね。外⇒内。これが、ひとりさんの場合、毎日の心の状態が豊かであれば、その分だけ、内面からお金は生み出される。つまり、内⇒外という認識を持っているわけです。

不思議ですよね?なかなか理解が追いつかないかもしれません。でも、全然焦らなくて大丈夫です。内面の豊かさというものは、1億人いたら1億人、本当は誰でも持っているものなので、気づくのは時間の問題です。

前世から気づいている人もいます。来世で気づく人もいます。早い人だと、現世で今日から気づく人もいると思います。私の場合は、ひとりさんの教えを学び始めてから20年くらい経って、ようやくこの学びが腑に落ちて再現できるようになりました。

なので、「いつになったらお金に困らない生活ができるの?」と感じている方も多いと思いますが、人生の転換期というのは、決して他人と比較するものではありません。

今は今で、今の環境下でしか学べないことがあるわけですから、魂の成長という側面においては、『現状が最善なんだ』という視点を持つようにしてみてください。

決して、不平不満、愚痴、文句、悪口などの地獄言葉で、自分の人生を投げやりに捉えたり、次から次へと幸せに生きることを妥協したりしないでくださいね。

先ほどもお伝えしたように、気づくのは時間の問題です。一人一人の人生には、生まれる前に魂が決めた人生のシナリオというものがありますので、来るべき時が来たら、現状は自然と変化していくことになります。

それまでは、焦らずにちょっとずつでもいいので、ひとりさんの教えを楽しみながら「感覚」でつかんでいくこと。それだけで、だんだん未来は明るくなっていきます。必ず良くなっていきます。

私自身も、これからもっともっと豊かになって、皆さまに斎藤一人さんの教えには再現性があるということを証明していけたらと思っています。

最後に、ひとりさんがおっしゃっている「心の豊かさ」とは何のことですか?という問いに対して、ちょっとだけ触れておきますね。

心の豊かさとは、自分の心に抵抗のない状態を示しています。抵抗とは、無理、我慢、焦り、不快感、罪悪感など、ネガティブといわれる感情のことです。

こうしたネガティブな感情を手放して、素直な心に沿ったあり方で生きていくことによって、豊かさが循環していくわけです。

ただ、こういった話を聞くと、「そんなの知ってるよ」と言いたくなる方もいらっしゃると思います。私もそうだったので、その気持ちはよくわかります。でも、現実に貧しさを感じている人は、日頃の素直な感覚に何らかの抵抗を持っているケースが多いです。

具体的にいうと、それは小さな習慣の中に隠れています。例えば、暑いけど節約のためにエアコンを我慢しよう、言いたいことがあるけどやめておこう、疲れがたまってるけど頑張るしかない、収入・貯金がこのくらいないと不安、過去のあの出来事が忘れられない、政治家のあの人が許せない、もっと早く成功したい、今のままじゃダメだ。

このようなネガティブを手放していくことこそが、幸せや豊かさにつながっていくのです。一生懸命、思考を働かせても、次から次へと行動を進めようとしても、現実を前進させようとしても、『自分自身の周波数(感情)』が重かったら、ずっと同じ世界を見続けることになります。

この負のループから抜け出すコツは、幸せを「つかもう」とするのではなく、ネガティブを「手放そう」という意識に切り替えること。要は、足し算ではなく引き算の捉え方をするということ。ここが大事なポイントです。

斎藤一人さんの一番弟子、柴村恵美子さんが、ひとりさんから言われた言葉があります。それは、「世の中にはお金という川が流れている。この川に手を入れて、お金の流れを自分の方へ引き寄せてみないか」というもの。この川を私は『感情のエネルギー』という捉え方をしています。あなたも、あなたなりにこの言葉の意味をイメージしてみてください。

PS.

今後もこのようなひとりさんの最新情報をお届けしていきますので、これまで通りインスタの毎日投稿をチェックしてください。

週1~2回の投稿ではありますが、「インスタのサブスク(月額330円)」もやっていますので、現在の私の活動(SNSやブログの情報発信)を応援していただけると、とても励みになります。

また、これまで毎月支援してくださっている方々へ。いつも本当に感謝の気持ちでいっぱいです!ありがとうございます!!これからもよろしくお願いいたします。

参考:お金に好かれる働き方/斎藤一人

-斎藤一人さんの新刊本
-, , , , ,